日本の国技である相撲。わんぱく相撲に代表される大会も盛り上がりを見せ、学校の授業でも取り入れられつつあります。

この記事では相撲の廻しを3つに分類してそれぞれ説明とおすすめ商品を紹介していきます。

相撲廻しの種類

その相撲廻しは以下の3つに分類できます

  1. 簡易マワシ(履くだけのマイティパンツ)
  2. 簡易マワシ(巻き付けるタイプ)
  3. 本格的なマワシ

どれが使われるかは、大会ならその規模・まわしをつける目的・授業など時間的な都合によって決まります。

記事中では、よく使われているものをいくつかご紹介しますので、マワシ選びの参考にしてください。

簡易マワシ(マイティパンツ)

半ズボン+ベルトという構成の製品で、とにかく履くのが楽で素早く身に着けられるマワシです。

マイティパンツにはこのようなメリットがあります▼

  • 装着に手間いらず、時間を有効活用できる
  • ズボンの上から履くことが出来て清潔
  • 頑丈な構造で競技中に取れにくい

また、装着時の後姿はこのようになっています▼

マイティパンツは半ズボン型で、専用のベルトを通して使います。マワシの生地で作られたベルトで幅広型。競技中にもきちんとまわしをつかむことができます。

ラインナップは子供用のSサイズから大人用のXLまで。幅広い年齢で利用できるラインナップの広さがあります。

本格的なマワシと違って半ズボン型なので、購入時はサイズを指定してそろえる必要があります。そして下記のようなメリットがあるので、特に学校での授業や地方大会、相撲の練習にピッタリです。

子供用のマイティパンツ

子供用のマイティパンツはS~XLまで。小さい順に、このようなラインナップになっています。ネットのショッピングモールでは販売されていないことが多いので、Amazonや楽天で扱いが無ければ当社WEBサイトも合わせてご検討ください。

大人用のマイティパンツ

大人用のマイティパンツもよく使われます。M~XLまでのサイズがあります。

マイティパンツ|SPORTS PRO STORE

簡易マワシ(巻き付けるタイプ)

マイティパンツと合わせてよく使われるのがフラップ仲條(なかじょう)社製の簡易すもうマワシ。ベルトに前垂れがついた形状をしており、ベルトを絞って固定します。

これも、マイティパンツ同様に

  • 装着に手間いらず、時間を有効活用できる
  • ズボンの上から履くことが出来て清潔
  • 頑丈な構造で競技中に取れにくい

というメリットがあります。

簡易相撲マワシラインナップ

こちらもネットのショッピングモールでは販売されていないことが多いので、Amazonや楽天で扱いが無ければ当社WEBサイトも合わせてご検討ください。

相撲用まわし|SPORTS PRO STORE

 

フラップ仲條社のマワシはこのように装着します▼

簡易すもうマワシのつけ方

 

本格的なマワシ

本格的なマワシは長い布地を巻き付けて装着します。「1号」や「2号」「4号」という号数は生地のランク。数字が少なくなるほど生地が厚くなります。相撲のマワシは4つ折りにして使うため、生地が厚いほど折りたたみにくく、つけるのが難しくなっていきます。

特1級はプロなどが使い、1級は幕下力士によく使われるそうです。2号は初心者の大人がよく使います。(あくまで目安で本格的に使用している子供は小学生でも特1を使用することもあります)

このタイプのマワシのつけ方は、日本相撲協会の「マワシの締め方(PDF)」を参考にしてください。

 

相撲用廻しのタイプ まとめ

相撲用の廻しにも、いろいろなサイズや硬さ、タイプがあることを紹介しました。

相撲の入門用であれば、簡易的なマワシを選べば基本的にOKです。

授業や大会で使うのであれば、主催者に確認を取ってからにしましょう。
たとえば、わんぱく相撲全国大会では本格的なマワシが使われています。

>>Amazonで「マイティパンツ」を調べてみる
>>楽天で「マイティパンツ」を調べてみる

>>Amazonで「相撲廻し」を調べてみる
>>楽天で「相撲廻し」を調べてみる

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

 
Back To Top