ここでは、バレーボールの審判向けのホイッスルについて紹介しています。 もしバレーボールに合っていないホイッスルを使ってしまうと、肝心なときに音がでなかったり、選手に聞こえなかったりしてしまいます。音色にも気を配らないとゲームを間延びしたものにさえしかねず、観客にも悪印象です。 では、バレーボールにとってぴったりのホイッスルとは何でしょうか? それを、「ホイッスルの選び方」→「オススメのホイッスル」と言う流れで説明していきます。

ホイッスルを選ぶためのバレーボールというゲームの特徴

バレーボールは、こんな特徴のあるスポーツです。

  • 体育館内で行われる
  • 審判が中央に位置する
  • コート同士の距離が近い

バレーボールは体育館という屋内で行われることがほとんどです。コートはサッカーよりも狭く、レフェリーと選手の距離も近いです。審判は基本的にうごかず、両チームの中央に位置します。レフェリーはホイッスルを咥えたままであることが多いです。ホイッスルには噛む力が強くかかり、吹き口が割れることも多々あります。

この状況を踏まえて開発されたホイッスルが、バレーボール専用のディーボホイッスルです。

ディーボホイッスル

大歓声のアリーナでも聞こえる音の大きさに広がりとキレ、柔らかいのに噛んでも割れない弾性プラスチック製のチタンマウスピース、音が左右に広がるので中央に審判がいるバレーボールに最適と、バレーボール競技の特性にマッチした製品です。

当社サイト▼にてセール中です(個数限定・完売次第終了)
created by Rinker
モルテン(molten)
¥4,260 (2022/12/02 15:27:03時点 Amazon調べ-詳細)

長管ホイッスル(低音)

バレーボール用の低音ホイッスルです。カラーバリエーションは3色。バレーボールはコートが隣接していて試合が同時進行しますので、音色の違うホイッスルを使うのが一般的です。音色を変えると自分たちへの合図かどうか、選手にとってわかりやすくなります。他のホイッスルと音色や音の高さを変えることで、混同しない合図を出すことができます。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,237 (2022/12/03 04:13:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,299 (2022/12/03 04:13:40時点 Amazon調べ-詳細)

トリノネ(高音)

こちらは高音タイプのホイッスル。綺麗な音色です。RA0050と同じくコルクの代わりにスクローラーが入っているので、吹きやすく小さな音でもきれいに鳴らせます。低音タイプのホイッスルと合わせて使うと隣り合ったコートでのゲームでも合図を明確に区別できます。

ドルフィンホイッスル、Foxホイッスル

ドルフィン

バルキーンやドルフィンBが出てくるまでは試合、授業などによく使われていました(今でも使われます)。どちらも特定の競技に特化したホイッスルではなく、スポーツ全般向けです。

ドルフィンホイッスルは、いくつかの色違いやバリエーションがあります。マウスグリップが付いたものもありますが、基本的に音色は同じです。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,445 (2022/12/03 07:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

咥えっぱなしなら、マウスグリップがあったほうがいいかもしれません。

フォックス

フォックス笛も、バリエーションがあります。音色が異なるものが多いです。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,491 (2022/12/02 16:10:30時点 Amazon調べ-詳細)

フォックス笛にもマウスグリップ付きのものがあります。

created by Rinker
モルテン(molten)
¥1,865 (2022/12/03 00:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

決められたホイッスルを使う必要がある?

スポーツの大会には、大会を主催している団体があります。

その団体が指定しているホイッスルがあればそれを使いましょう。ですが特に指定が無い場合も多く、その場合は「なんでもよい」ことになっています。

バレーボール専用のものが使えれば、ベストです。
スポーツ全般向けのものなら、ベターです。

最高のゲームにするためには、審判も重要な役割を担います。

「鳴りさえすればいい」ではなく、ホイッスルは審判の意志を選手や観客へ伝えるものだと考えて、プレイヤーと一緒にゲームを作り上げましょう。

 

Back To Top