鉄棒を設置するときは、穴を掘ってコンクリートで固めます。

そのときにより一層強固にするため、アングルという細い棒を取り付けることを行います。穴の掘り方や下調べが甘いとアングルがうまく収まらず、鉄棒を既定の高さまで沈められないことも。

そうなると鉄棒の耐久性に悪影響をあたえたり、事故が起こってもPL保険が下りないこともおこります。

また、水平をきちんととって垂直に設置しないと長期間の使用に耐えられなくなることもあります。DIYが流行りですが、このような運動器具は専門の事業者に工事を任せてしまったほうが、長く安全に仕えて結局安上がりとなることも多いものです。

Back To Top