踏切版とは、跳び箱や跳馬を跳ぶときに、踏み切るときに使う器具です。
ジャンプをしやすくする目的で使われます。
また、踏み切る位置をはっきりさせるなどの効果があります。

slice11

踏切板(ふみきりばん)、ロイター板(ろいたーばん)、跳躍板(ちょうやくばん)
などとも言いますが、呼び方はあまり使い分けられてはいません。

 

各施設にはどのような踏切版が適しているかを、大まかに説明したいと思います。

とび箱の種類や利用者の年代によって適したものが違います。
合わないものを買ってしまうと、デメリットがあります。

①サイズが小さく踏み切りにくい
はね返る力小さく跳びづらい
③踏切に耐えきれず壊れる
はね返る力大きすぎて跳箱を跳び越える
重すぎて持ち運びにくい
⑥価格が高すぎて他の備品を買えなくなる

こういったことが無いように、この記事で詳しく見ていきましょう。

踏切板・ロイター板・跳躍板の違い

さきほど説明したように、踏切板、ロイター板、跳躍板には厳密な定義がありません。

一応、大まかには定義されているので、少し紹介します。

  • 踏切板・・・最もシンプルで、合板による箱状のもの
  • ロイター板・・・合板ではねる力を増したもの
  • 跳躍板・・・スプリングなどを使いはねる力をさらに増したもの

 

踏切板

一番シンプルな製品です。
合板による箱状のもので、価格はだいたい1万円~2万円前後です。

slice1

 

ロイター板

合板によって反発力を増しています。
踏切板よりも勢いを付けて高く跳ぶことができます。
価格は3万円~8万円前後のものが主流です。

slice3

跳躍板

跳躍板にはスプリングが使われているものが多いです。
とび箱で使われる場合もありますが、体操競技の跳馬でもよく見かけます。

なお、この製品はセノー社のもので、25万円ほどします。
国体や各種大会で使われるレベルのものです。

slice5

 

踏切版・ロイター版のカーペットがすりへった!

カーペットは足型にすり減っていきますが、
踏切板やロイター板なら張り替えることは可能です。

修理費は下を参考にしてください。

 

まとめ

  • 幼稚園~小学校なら踏切板を
  • 小学校~中学校ならロイター板を
  • 高校以上~一般人なら跳躍板を

使われるのががオススメです。

また、どの製品がどの年齢の使用者に向いているかは
メーカーの製品カタログにも書かれています。

当社にお手伝いできることがあれば、お気軽にご相談ください。

保存

保存