このページでは、グラウンドに白線を引くためのラインカーを収納するライン引きラック(ラインカーラック)とは何か・特徴や種類といった基礎知識と、オススメ機種を紹介します。

ライン引きラックとは何か?

ライン引きラックとは

ライン引きラックはライン引き(ラインカー)を引っかけて収納するためのラックです。

2輪タイプのラインカーを浮かせて収納することができます。

ライン引きラックを使うメリット

2輪タイプのラインカースタンドが付いているものがほとんどで、一応は自立します。

しかし4輪タイプよりも倒れやすいため、足を引っかけたりぶつかったりで倒してしまうこともよくあります。

そうすると、

  • 中のラインパウダーを撒き散らす
  • 衝撃でラインカーが歪む、壊れる

といったことも起こります。

ラインカーラックを使うとそういった事態を防ぐことができます。また、ラインカーを浮かせておくため、床を掃除しやすいメリットもあります。

ライン引きラックの種類・特徴

片面掛けor両面掛け

片面掛けだと、壁ぎわにおいておけます。

両面掛けだと、小スペースでたくさんのラインカーを収納できます。

素材

スチール(鉄)

錆びる恐れはありますが、頑丈で安価です。

アルミ

鉄よりも高価なものの、錆びにくく軽量です。

樹脂パイプ

錆びにくく、軽量です。パイプの中に鉄が入っていると剛性も確保できます。

その他の特徴

  • 足元の形状
  • 本体サイズ
  • フレームの太さ
  • デザイン

など、製品によってさまざまな特徴があります。

 

ここまではライン引きラックの「特徴・種類」を見てきました。ここからは、ライン引きラックを「取り扱っているメーカーとオススメ製品」を4つ紹介します。

 

ライン引きラック取り扱いメーカーとオススメ機種

お勧めのライン引きラック

Last Update: 2021-05-24  

2021-05-24  製品ジャンル  
Back To Top