このページでは、ラインパウダーを保管・補給するためのラインパウダーボックス(入れ物)について特徴・使い方といった基礎知識と、オススメ機種を紹介します。

ラインパウダーボックスの種類・特徴

ライムボックスとは?

グラウンドに白線を引くには、ラインパウダーという白い粉を使います。ライムボックスは、ラインパウダーを貯めておき、ラインカーに入れやすくするための入れ物のことです。

ラインパウダーボックス、ラインボックスと言われることもあります。

ライムボックスのメリット

ライムボックスを使うことでこのようなメリットが受けられます。

  • 一度袋をあけたラインパウダーでも保存しておける
  • ラインパウダーをラインカーに補充しやすくなる
  • ライムボックス自体を持ち出して外でラインパウダーの補充ができる

ライムボックスの高さについて

ライムボックスは、粉出口の高さが重要です。ここがラインカーよりも低い位置にあるとそのラインカーはセットすることが出来ません。

使用しているラインカーの高さとサイズをチェックし、ライムボックスにセットできることを確認してから買いましょう。

ライムボックスの容量について

ライムボックスの平均的な容量は30~50㎏程度です。

20kg入りのラインパウダーを1袋入れて、少なくなってきたらもう1袋補充するといった余裕は十分あります。

その他

デザイン、使い勝手、耐久性にも各製品で差があります。

手が汚れないように粉出口の開閉がレバーになっているものや、キャスターをストッパーで留められるもの、本体が頑丈に溶接されているものなどいろいろな特色があります。

コンテナボックス

蓋つきの石灰入れです。柄杓やスコップでラインパウダーをすくってラインカーに入れます。

コンテナボックスのメリットデメリット

メリット
  • ラインパウダーがたくさん入る
  • 故障しづらい
  • 安価
  • ラインパウダーをラインカーから戻しやすい
デメリット
  • 動かしづらい・持ち運びづらい
  • 場所をとる
  • ラインカーへの補給にライムボックスよりも時間がかかる

 

コンテナボックス(プラボックス)はシンプルなつくりなので、ここからはライムボックスに絞って紹介していきます。

ライムボックスの使い方

ライムボックスにラインパウダーを入れる

ほとんどのライムボックスは丸ごと20kg入りラインパウダーを入れられます。

ライムボックスにラインカーをセットして補給する

ライムボックスの下にラインカーをセットします。

ライムボックスよりラインカーのほうが高いと、粉出口にセット出来ずにつっかえてしまいます。

ライムボックスごと移動する

引くべきラインが多かったり、容量の少ない2輪タイプラインカーを使っている場合は一度で引けるライン長さに限りがあります。

ライムボックスごとラインパウダーを倉庫外へ持ち出せば、毎回石灰倉庫へ戻る手間が省けます。

 

ここまではライムボックスの「種類と特徴」「使い方」を見てきました。ここからは「メンテナンス」と「オススメの製品」をあげていきます。

 

ライムボックスのメンテナンス

日常的な清掃

粉詰まりが起こらないように、粉が出る部位を掃除します。この部分が詰まりにくくなっている製品もあります。

ライムボックスにもさまざまな形状、機構のものがあります。上記はトーエイライト社のもので、現在は販売されていない製品です。

部品の交換・修理

上記は、ライムボックスの車輪部分が壊れたので修理した当社の事例。新しいキャスターに取り替えることで対応しています。

ライムボックス取り扱いメーカーとオススメ機種

お勧めのライムボックス

Last Update: 2021-05-24  

2021-05-24  製品ジャンル  
Back To Top