この記事ではプールのフロートについての情報を集約していきます。

プールフロートとは

フロートとは、プールのコースロープを構成する部品のひとつで、主に

  • コース分け
  • 色分け
  • 消波

の役割があります。ワイヤーにフロートを通して『コースロープ』にし、プールコースを区切るために使います。色分けによって壁面まであとどれぐらいの距離があるかを知らせたり、隣のコースの波を打ち消して選手が出来る限り公平な環境で泳ぐことがする目的も持っています。

フロートは、ブロー成形とインジェクション成形で作られていています。ブロー成型は金型で樹脂を挟みエアーを入れて作るやり方です。

参考:三立社WEBサイトのブログ記事より

プールフロートの特徴

コースロープはフロートの違いでさまざまな差がでてきます。隣のコースの波を打ち消す『回転消波』の性能の違いは商品選定の大きなポイントですが、耐久性(割れや対候性)にも違いがあります。

トップクラスのフロート例

SA-110H-F ポリエチレン低発泡樹脂のフロート。
回転消波◎
割れ  ◎
対候性 ◎
公認プール~スイミング・フィットネス向け。
高性能で消波性能が高く本格的な用途のコースロープに使われています。

ミドルランクのフロート例

SA-60H-F ポリエチレン低発泡樹脂のフロート。上記と同じ素材ですが形状により性能も差があります。
回転消波〇
割れ  ◎
対候性 ◎
学校プール向けですが、スイミング・フィットネスクラブでも使われます。

エントリーランクのフロート例

SA-60L-F ポリエチレン樹脂のフロート
回転消波△
割れ  〇
対候性 〇
安価なため学校プールでよく使われるタイプです。

このタイプのフロートは対候性があまりなく、割れるとその部分が鋭くとがり、怪我をする恐れがあります。

特殊なフロート

柔らかく、怪我をしにくいもの

この柔らかいフロートは2018年にインテックス大阪で行われたスポーツ用品の展示会にてトーエイライトの方に直接教えてもらった製品です。(インテックス大阪は2019にG20のサミットが行われた場所で、ここでスポーツ用品の展示会が行われるのは2018が最後でした)

上記は三立社の『やわらかレーンマーカー』。弾力性があり、手が当たっても怪我しづらい造りになっています。

三立社WEBサイトより▼

レクリエーション目的のもの

あひる型の『ダックコースロープ』もあります。競技では使えないものの、幼稚園児が使うプールの彩りやエリア分けに。

使用例

プールフロートの保管・メンテナンス

フロート自体は必要な時に必要なだけ購入することが多く、予備を大量に持つことはさほどありません。

直射日光の元では劣化しやすいので、日陰で保存しましょう。

おすすめのプールフロート

フロートには様々な形状があります。傷んだフロートとの交換なら同じものをご用意ください。

おすすめのプールフロート

Last Update: 2021-05-20  

2021-05-20  製品ジャンル  
Back To Top